対面キッチンにして良かった事と悪かった事

スポンサーリンク

 

どうもポカオです!

我が家のキッチンは、対面キッチンになっています。

f:id:poka-poka-house:20200504081642j:plain

こうしてカウンターに座って、お酒を飲んだり、何かつまんだり、ゆったりテレビを観たり、そんな生活を夢見た時もありました。

しかし、現実は...

  • お酒呑めない。
  • ダイニングテーブルに座って食べた方が早い。
  • テレビを観るには振り返らなければいけない。
  • そもそも子育てでそれどころじゃない。

そんなこんなでまだカウンターチェアは飾りになっています。

 

www.pokao.net

残念ながら我が家のカウンターチェアは機能していませんが、対面キッチンはメリットが多数見つかりましたので、本日は対面キッチンにして良かったところ、悪かったところをまとめたいと思います。

あくまで僕の住んでみて使ってみての感想ですので。

それからオープンキッチンってフルフラットなキッチンの事を言うみたいです。

我が家は、フルフラットではないので完全なオープンキッチンではありません。

なのでセミオープンキッチンと言っておきます。(笑)

スポンサーリンク

 

 

良かった事

リビングを見渡せる

f:id:poka-poka-house:20200504083608j:plain

キッチンがリビングに向かって開けているので、リビングが良く見えます。

なんなら見えない部分はありません。

なので、子供が動き回れるようになった場合でも安心して、見ていられるはずです。

子育てと家事の両立ってかなり大変です。

ずっと子供を見て無いといけないので、家事をしながら子供の様子が見れるのは本当に助かります。

そして、リビングのテレビを観ながら料理や洗い物が出来ます。

音は聞こえませんが...

 

孤立感が無い(LDKの一体感がある)

『キッチンは女の城』なんて言葉は今や昔の言葉です。

時代はもはや令和です。

男女の関係なくキッチンに立つ時代なのですよ。

家事は女の仕事だから~。

とかって言ってリビングで寝ながらテレビを観ている男性諸君。そんな事ではあかんぞ!

そうです、対面キッチンだとリビングが見えるので、孤立感がありません。

テレビを観ている愛する旦那様の姿が見えますし、会話もできるでしょう。

もちろん子供が勉強している姿も見えます。

そしてペットの様子も伺えますね。

明るくなる

対面キッチンにしたところ、我が家のキッチンは明るくなりました。

これは日当たりの問題もあるかもしれませんが、キッチンが開けているので、光が入りやすく手元が見やすいです。

合わせてキッチンに必要かは不明ですが、開放感も出ました。

 

これだけ良いところがありました。

しかし世の中良い事があれば悪い事もあります。

次は悪かった事(デメリット)を話していきます。

 

悪かった事

臭いが巡り、音が響く

オープンで対面にしているので、リビングにも臭いや音が伝わります。

臭いは換気扇を回すので、ある程度は緩和できます。

しかし、全くしないわけではありません。

さらに高気密であればあるほど、換気扇を回せばキッチンだけでなくリビング、ダイニングも寒くなります。

換気扇から熱が逃げていくからです。

音は今のところ防ぐ方法が見つかっていません。

洗い物をすれば、テレビの音が聞こえなくなりますし、深夜の食洗機の音も気になる方は気になるかもしれません。

 

水跳ね油跳ねが結構ある

我が家はフルフラットなキッチンではないのでまだましな方だと思いますが、水跳ねや、油跳ねが気になります。

なんかベタベタするなーって思うと油だったり、染みになっていたりします。

え、こんなところまで!?

ってくらい飛んでますから、覚悟は必要かと思います。

 

スポンサーリンク

 

以上が我が家で今感じている、メリットデメリットでした。

もしかしたら我が家で感じているメリットは、他の方にとってはデメリットにもなりかねません。

キッチンにもいろいろな種類がありますから、自分たちの生活スタイルに合わせて作る事が生活しやすい家作りにつながると思います。

 

本日は以上になります。

読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています。

ぽちっと応援していただけると喜びます!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村


注文住宅(施工主)ランキング

 

 

スポンサーリンク