家が出来るまでの振り返り③画像多め。1日で終わるはずだったフレーミングの話

スポンサーリンク

 

どうもポカオです!

こちらの続きですので、良かったら読んでください。

www.pokao.net

www.pokao.net

 さて、いよいよ基礎が出来て、足場が組まさりいよいよ1日フレーミングです。

いわゆる、「建て方」です。

1階床→1階壁→1階床→2階壁→屋根って感じで進めるそうです。

敏腕営業Y氏「30坪くらいのお家なら確実に1日で終わりますから安心してください!」と言っていたのはいい思い出です。

 

僕はこの日有休消化で椅子持参で1日見学。

2020年10月15日朝7時。建て方スタートです。

 まずはすごい量の建材。

これで3分の1程度です。

何回かに分けて追加されました。

うん、最高の天気ありがとう。

僕は晴れ男です。

f:id:poka-poka-house:20200305184003j:plain

 

 こうして順番が書いてあって、作業の効率化をしているみたいです。

f:id:poka-poka-house:20200305184143j:plain

 けど、若い番号が下だけど大丈夫?

 

そうこうしているうちにクレーンが動きました。

f:id:poka-poka-house:20200305205931j:plain

電線が邪魔!!!

しかし凄いですね。

クレーンの運転手と、吊るす人の阿吽の呼吸で作業が進んでいきます。

パネルもどんどん吊るして合わせていきます。

作業がものすごく早くてびっくりしました。

午前中に2階の壁パネルまで行かないと終わらないからそこまで進みたいと言っていました。

f:id:poka-poka-house:20200305204508j:plain

 しかし、始まって1時間でハプニングが発生。

どうやらパネルのサイズが違うらしい。

作業が止まり、何やら話し合いが行われていました。

棟梁が来て説明。

簡単に言うと、

各パネルが40ミリ長く作られてしまっていて床と合わない。

という事でした。

なぜそうなったか気になりましたが、今はそんな事を言っている場合ではありません。

どうするのか?

このまま続けるのか、パネルを作り直すのか、いろいろ考えられましたが現場で修正してこのまま続行という形になりました。

両端を20ミリ削って、ぴったり合わせる様に作るとの事でした。

幸い?窓のサイズや距離が違うわけではなく、両端の薄い板が長いだけだったので修正可能でした。

1日フレーミングは大共ホームの社員が行いますので、かなり手慣れた作業でしたが、パネル工場で正確に作ったはずなのに現場で修正しなければいけないとか、はっきり言って無駄な作業です。

しかも正確ではないという始末。

正直かなり残念でした。

僕は、棟梁がかなりのベテランさんで、正確に直せますとおっしゃってくれたので信じましたが、皆さんならどうしていたでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

さてこんなハプニングがありまして、午前で2階のパネルまで進む予定でしたが、午前中で終わったのは、2階床まででした。

画像は1階の様子です。

f:id:poka-poka-house:20200305215112j:plain

f:id:poka-poka-house:20200305215138j:plain

 

スポンサーリンク

 

本日は以上になります!

読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加中です。

是非ぽちっとお願いします!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

 


注文住宅(施工主)ランキング

 

www.pokao.net

 

 

 

 

スポンサーリンク