遂に出てしまった漆喰の壁のデメリット

スポンサーリンク

 

どうもポカオです!

このブログでも結構話はしているのですが、我が家は外も中も壁は漆喰なんです!

我が家の自慢ポイントの1つなんです。

まずは漆喰の壁の美しさをご覧ください。

f:id:poka-poka-house:20200229213431j:plain

f:id:poka-poka-house:20200227212109j:plain

f:id:poka-poka-house:20200302184018j:plain

f:id:poka-poka-house:20200302184022j:plain

はい!

めちゃくちゃ美しいですよね!?

ありがとうございます。

この4枚の画像はかなりのお気に入りなんです(笑)

結構載せてるので見飽きちゃってる方もいるかと思いますけど、この漆喰の美しさをみんなに伝えたいんです!

 

さて、本日の本題に行きますか!

漆喰のデメリット

 

www.pokao.net

 

こんなにも美しい漆喰なんですが、デメリットもあるんですよ。

散々。漆喰って素晴らしいアピールしてたんですけどね...

けどね、どんなに素晴らしい物でもね、デメリットってあるじゃないですか。

タイルの外壁は、耐久性あるけど高いとか。

サイディングの外壁は、デザイン豊富だけど耐久性が低いとか。

ソフトクリームは美味しいけど、すぐ溶けるとか…

どんな物にもデメリットってあるんですよね。

 

んで今回の漆喰の壁のデメリットはこちら!

f:id:poka-poka-house:20200302211023j:plain

バキバキバキバキ!

もう少し近づいて。

f:id:poka-poka-house:20200302211145j:plain

バコバコバコバコ!

Σ(・□・;)

いえ、違います。

表現を間違いました(笑)

壁が崩れるとか、躯体が傾いたとかじゃないです。

こうなった原因は?

すぐに、連絡しました。

大共ホームの頼れる営業Y氏に。

そしたら、数時間後に現場監督と一緒に我が家に来て、調査してくれましたよ。

このレスポンスの速さと対応力。

工務店にしかできない事なんじゃないでしょうか。

ポカ「こんなに早く来てもらって、今日の仕事大丈夫ですか!?」

Y氏「不安になってる施主様を放ってはおけないですよ~」と、やっぱり神でした。

そして、原因の説明をしてもらいました。

簡単に言うと、石膏ボードのつなぎ目が浮き出ているそうです。

ジョイントと呼ばれる金具が入っていて、そこが浮いて出てきてしまったという事でした。

漆喰が乾燥によって、収縮するんだけど、ジョイント部分が他よりも出っ張っているので目立ってきたのではないかとの見解でした。

黒くなっているのは、染みとかではなく、影でした。

周りが白いので余計目立ってしまった感じです。

一瞬雨漏りとか、傾きとか想像したけど違っていてまずは安心しました。

 

スポンサーリンク

 

今後どうする?

さて、どうしたものか。

我が家は、引き渡しからひと月ほどしか経過していないので、まだこういう事が起こる可能性があるとの事でした。

まあそうですよね。

だって自然素材なんですもん。

漆喰だって、無垢床だって少しくらい呼吸します。

もしひび割れや変化の無い壁を作りたいんだったら、一枚物の強靭な素材の壁にしてやるしかなんだろうなと思いました(笑)

んで、出した結論は、三か月点検まで様子を見る!事にしました。

特に困ってることもないし、最終的に治してくれるみたいなので時期はお任せしました。

他のところも出るかもしれないので、どうせなら1回で治したいですし。

 

まとめ

漆喰の壁はひび割れや、欠けたり、落ちてくるといった事は想像していたのですが、まさかジョイント部分が盛り上がってくるとは思いませんでした。

完全に勉強不足でしたが、いい経験になりました。

しかし、漆喰の壁はこんな時でも修正がわりと簡単に行えるのがメリットでもあります。

欠けたら塗れば良いですし、ちょっとした思い出にもなりますよね。

修正されたらまた記事にしたいと思います。

 

 

本日は以上になります。

読んでいただきありがとうございました!

ランキング参加中です。

是非のぞいてみてください!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

 


注文住宅(施工主)ランキング

 

 

 

スポンサーリンク