【内覧会】3連窓と吹き抜け

スポンサーリンク

 

どうもポカオです!

土地探しシリーズいかがでしたか?

④まで進みましたが、まだまだ続きます! 

反省を生かして土地探しをするも、慎重になりすぎて決断できなくなったり、売り主から条件だされたり、とにかくいろいろありました。

まだ、まとめきれていないので暫しお待ち下さい。

お楽しみに!!

 

さて、本日は③に出てきた3連窓と吹き抜けの内覧会をしたいと思います!

 

www.pokao.net

 

スポンサーリンク

 

 

吹き抜けにした理由

我が家の吹き抜けの広さは4.5畳です。

ぶっちゃけ、吹き抜けにしなければ、もう1つ部屋が作れちゃいますよね。

ではなぜ、部屋1つを犠牲にしてまで吹き抜けを作ったのか説明していきます!

  • 冬の太陽光をたくさん取り入れるため。
  • 空気の循環のため
  • 3連窓を採用するため

以上です!

1つずつ説明します。

冬の太陽光をたくさん取り入れるため

f:id:poka-poka-house:20200227212109j:plain

f:id:poka-poka-house:20200227212223j:plain

(ブログに吹き抜けの写真は良く載せてますが、理由はこの眺めが好きで、自慢したいからです( ´∀` ))

この世で1番の熱源は太陽ですよね。

ちなみに太陽の表面温度は約6000℃です。マジ、半端ないです。

夏の直射日光は死活問題ですが、冬に太陽光を家の中に取り入れる事が出来れば、暖房が必要最低限で済むようになります。

空気の循環のため

吹き抜けとして大きい空間を作り、そこに暖かい空気を貯めて、シーリングファンで循環する流れです。

部屋を作ってしまったら、この窓は付けれなかったですし、こんなにも太陽光を取り入れる事は無理だっただろうなと思います。

3連窓を採用するため

f:id:poka-poka-house:20200209001916j:plain

これですよ!(ちょっと切れちゃってますが)

もともとは、日当たりの悪い土地に建てた時の間取りで付けた3連窓なんですが、妻がかなり気に入ってですね、どこの土地の間取りでもこれを付けたいと熱望していたんです。

今では我が家の象徴になっています。

我が家の吹き抜けはなんか違う?

写真を見て、なんか吹き抜けっぽく無いなと感じた方、正解です!

我が家の吹き抜けは、2階部分とほぼ繋がってないんです。

小さな小窓1つしかありません。

なぜこうしたのかというと、生活の事も考えたからです。

これで、吹き抜けのデメリットもほぼ解消できますよ!

まずは音とか匂いとか光とか2階に行きません!

だって空間が繋がってないから、ほとんど行かないです。

次は、冷暖房の効きがそんなに悪くならない!

まだ冬しか過ごしていませんが、吹き抜けの下でも寒さはそんなに感じないです。

さすがに外が-10℃以下の時は寒いなと感じましたが。(笑)

 

おまけ

ここからは僕のお気に入りショットを載せます。

夜バージョンは本当に奇麗なんですよ!

まずはこちら!

f:id:poka-poka-house:20200227222156j:plain

 ライトの感じが良くて、非常に奇麗です。

漆喰の模様が何とも言えません。

次はこちら

f:id:poka-poka-house:20200227222329j:plain

夜の3連窓です。

ここから星とか見えちゃうんですよ。

オシャレすぎます。

f:id:poka-poka-house:20200227222449j:plain

天井見上げたらこの景色です。

明日も頑張ろうって思わせてくれます(笑)

スポンサーリンク

 

結局は満足感が大事

我が家は完全な吹き抜けではないですけど、本当に満足しています。

特にデメリットもないし、それなりに開放感もありますし。

部屋が1つ作れなくなっても、それ以上に満足感があります。

せっかくのマイホームなんですから、満足感に浸りたいですよね!

 

www.pokao.net

 

 

という事で本日は以上になります。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

家作りの参考になるブログがたくさんあります>

是非のぞいて行って下さい!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

 


注文住宅(施工主)ランキング

スポンサーリンク