サラリーマンの日曜日が終わる絶望感半端ない話。また月曜日から頑張ろう

スポンサーリンク

 

どうもポカオです。

 

サラリーマンにとって日曜日は特別です。

なんて言っても休みですから。

なぜ1週間が7日あるのに休みが1日か2日しかないのかという問題は置いておいて。

あ、日曜日休みでない方はすみません。

僕が日曜日休みなので...

 

日曜日が終わる絶望感。

日曜日の午後ってなんかこう、言葉では表せられない虚無感というか、そんな雰囲気ありますよね。

サザエさんのエンディングとかイッテQとか観ちゃうとなんだか泣けてくる。

日曜日がどんどん終焉にむかっている感じが本当に嫌だ。

別に仕事が嫌いなわけでもない(好きでもない)んだけど、どうしてだろう、月曜日になるのが憂鬱。

稼がないと生活できないよ

そうなんですよ。

稼がないと給料は貰えない。

お金が無いと生活できない。

お金が無いよりあった方が人生は絶対楽しい。

それは分かってるけど、月曜日は憂鬱。

給料を貰うって考えは捨てて、自分で生み出すって考え方にしないと稼げないって誰かが言ってたな。

ブログで稼ぐには、サラリーマン志向があると稼げないらしい。

ブログは(情報を)貰うんじゃなくて、(情報を)与えるものだから。

月曜日が憂鬱なのは当たり前

月曜日が憂鬱なんて当たり前。

休みの日は趣味に没頭したりテレビ観たり、とにかく好きな事ができるんだから。

それに比べたら仕事は地獄みたいなもんだ。

社長じゃない限りウザい上司がいて、やらなければいけない仕事があって、速く終わったら当たり前で、遅れたら怒られて、そんな1週間が始まるんだ。

終わりの始まり。

それは憂鬱になって当然。

何もしなくても時間は過ぎる

憂鬱だからと言って何もしなかったらどうなる。

どうにもならない。

時間は常に進んでいて、その時間に取り残されることもなくて、時間の経過と一緒に歳を取っていくだけ。

何かをしていても何もしなくても時間は同じように過ぎるんだったら、何かしてた方がもったいなくない。

毎日少しずつなんか行動すれば変わるかもしれない。

そう思って僕はブログを始めてみたけど。

毎日筋トレして、ブログを書いている。

これがいつどこで役に立つかは分からないけど。

とにかく続けてみるしかない。

何かやってみる

思い切って何かやってみるのも良いかもしれない。

筋トレして体力付いたら1週間の仕事が余裕になるかもしれないし、ブログ書いていたら将来収入源になるかもしれない。

そんな時間は無いかもしれないけど、そんなこと言ってたらやってる人との差は縮まらないし、今のまま。

月曜日が来ることは幸せな事

月曜日を迎えれたら、生きてる証拠。

自分以外のせいで、明日を迎えれない人が世界で何人も居る。

だから、憂鬱でも月曜日が来るって事は幸せな事。

そう考えたら、仕事が嫌とか言ってられない気がしませんか?

明日から頑張れそうじゃないですか?

また明日から精いっぱい生きましょうよ!

けど、どうしても無理なら休憩も必要

人間気合だけではどうにもならない事もある。

そんな時は迷わず休むべき。

人間の基本的な資本は健康な体。

本当に動けなくなってしまったら元も子もない。

 

無事に月曜日を迎えて精いっぱい生きましょう!

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク