勝手口は作らない!我が家に勝手口が無い理由

スポンサーリンク

 

どうもポカオです。

 

f:id:poka-poka-house:20200209001916j:plain

突然ですが、我が家には勝手口がありません。

はい、作りませんでした。

 

勝手口はあると便利ですよね。

勝手口はよくキッチンの近くにあったりしますから、ゴミ出しの時なんかは重宝しますね。

ごみを外に一時的に置いたりしたりもできますし、結構採用されている方多いかと思います。

 

我が家が採用しなかった理由

その理由は、工務店におススメされなかったからです。

我が家を建てて下さった工務店は気密断熱にこだわっている大共ホームです。

 

www.pokao.net

 

www.pokao.net

 

 断熱、気密にとにかくこだわっています。

しかし勝手口はおススメされませんでした。

その理由は、勝手口のドアの性能がいまいちらしく、機密と断熱性能が下がってしまい結露しやすくなってしまうとの事でした。

さらにパントリーなどが隣接していると、空気の流れが悪くなり一層結露の可能性が高くなるという事らしい...

 

我が家の向き的に、勝手口は必要なかったので結果的には良かったのですが、必要な方絶対いますよね!?

大丈夫です。

結露しない対策がありますよ!

結露しないようにするには

独立した空間にしない事が必要です。

扉で仕切ってしまうと空気の流れが悪くなってしまい、空気が滞留し結露してしまいます。

扉ではなくのれんのような空気が流れる軽い仕切りにすると効果があります。

 

24時間換気の吸気口を設けるのも一つの手ですね。

空気を滞留させないようにするには換気が一番です。

 

それでも結露はしやすい

しかし、ほかの部屋に比べると結露はしやすくなります。

結露が嫌であれば、やはり勝手口は作らないほうが無難なのかな。とか思います。

これから間取りづくりを始める方は、勝手口も真剣に考えないと後で大変なことになっちゃいますのでお気を付けください。

結露からカビになり、キッチン周りがカビだらけになるかもしれませんよ。

 

最近はトリプルガラスの窓や、高性能な断熱材がたくさんあるので、超断熱のドアとか作ってくれればいいのにと思ってしまいますね。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 


注文住宅(施工主)ランキング

 

 

 

スポンサーリンク