一条工務店で仮契約したけど一条工務店をやめた4つの理由

スポンサーリンク

 

どうもポカオです。

 

ポカオ夫婦が家作りを本格的に始めたのが、2018年11月。

その時にはだいたいのハウスメーカーを見学していて、ある程度候補が絞れてきていた時期でした。

僕たちの家作りのテーマは『とにかく快適な暮らしができる家』でした。

ここは全くぶれていません。

そうするとやはり、真っ先に一条工務店が候補になりました。

仮契約もしたんですよ

 

そこで本日は、なぜ仮契約をしたのに一条工務店で建てなかったのかを書いていきたいと思います。

これはあくまでポカオの考えですので、参考程度でお願い致します。

また、一条工務店のお施主様は気分が悪くなる事も考えられますので、ここからは自己責任でお進みください。

 

 

一条工務店にしなかった理由一覧

  • 維持が出来なさそう
  • みんな一緒なデザイン
  • 窓の結露や床暖房が合わなかった(宿泊体験棟)
  • 金額

 

維持が出来なさそう

維持が出来なさそうと言うのは、光熱費が思ったよりもかかるなと感じたからです。

一条工務店では実際に住んでいるお宅にお邪魔して、施主と話ができる見学会を実施していて、僕も参加しました。

迎えてくださった方々は本当に良い人たちで、真冬だったのに薄着で、中には半袖短パンの方もいらっしゃいました。

そこで光熱費の話を聞くと、ほぼどの家庭でも電気代は20000円~25000円くらいで安いよ~と話していて、自分との次元の違いを感じちゃったんです。

ポカオ夫婦はこのころアパートで生活してまして、電気、ガス、水道合わせて10000円くらいだったので、余計に高いと思ってしまったんですね。

倍ですからね(笑)

 

いや、分かるんです。

全館床暖房で全ての部屋が暖かい。高気密高断熱で冷房の効きも良い。

アパートとは比べ物にならない広さの部屋を、このくらいの電気料金で快適に出来るのは凄い事だと思います。

しかし快適にするのに20000円かかるんじゃ意味が無いなと思ったんです。

節約するために、床暖房をいちいちオンオフするのも意味がないし。(むしろマイナス)

なにより、せっかく付いてる設備を節約のために使わないっていうのは本末転倒だよなって思います。

なによりつけてる意味が失くなってしまう。

 

みんな一緒なデザイン

デザインが一緒なのは悪いことじゃ無いと思うんです。

コスト削減の為に、大量生産をして高いクオリティをお客さんに届ける。とても理にかなっていますよね。

しかし、一条工務店は人気過ぎてあちこちに建っています。

僕的にはちょっと被りすぎるなって。

実際今住んでいる家の近くにも一条工務店の家が3件建っています。

やっぱりせっかくの注文住宅なんだから、少しは人と違うものを作りたいって思っちゃったんですよね。

 

窓の結露や床暖房が体質的に合わなかった

一条工務店では宿泊体験ができるんです。

ガチの一軒家に一泊できます。

しかも夕飯代も出ます。

 

僕たちが宿泊したのが1月でちょうどめちゃくちゃ寒い時期で、一条工務店の性能を体験するには絶好の機会でした。

 

床暖房の設定温度は確か37℃か38℃だったと思います。(記憶が...)

 

これがたしかに暖かい!

ほんとにぽかぽかして、春みたいな感じでしたね。

だから暖かいってのは本当ですよ!

しかし、なんか変。

確かに暖かいんだけど、のぼせるっていうか、ぼーっとするというか。

今思えば暑すぎたんでしょうね。

 

しかも床暖房って温度調整がすぐにできないじゃないですか?

そこも厳しいポイントでした。

営業は、慣れれば全然大丈夫ですよ!って言ってました。(慣れないかもしれない)

 

あとはそこの宿泊体験棟の窓が結露してたんですよ。

ハニカムシェードしていないのに。

今でも鮮明に覚えているのですが、湿度は43%温度が24℃で結露。

あれだけ、結露はしません!って言っていたのにとすごく落ち込みました。

あとから聞いたら、間取りの関係で空気の循環がいまいちだったのと、窓の不具合もあったみたいです。

今ではもう治ってるんだろうか。

宿泊体験棟は何年か使用した後は売りに出るみたいなので、タイミングが合えば、お買い得に買えるかもしれませんよ!

 

金額

坪単価は高めでした。

僕が行った時で650,000円くらいでした。

今はもっと上がってるんだろうな。

一条工務店が安いって言われているのは、他のメーカーで同じことをした場合、それに比べれば安いって事です。

全館床暖房で、外壁はタイル、トリプル樹脂サッシ、御影石のキッチン、24時間換気のロスガードなどなど。

しかし、それらが不要な人も居るわけで、全ての人が安いと言えるかどうかは別問題ですね。

 

終わりに

さんざん言ってきましたが、一条工務店の家の性能は本当に高いと思います。

家作りで窓の事を考えるようになったのは、一条工務店のおかげと言っても過言ではないです。

途中までは一条工務店で建てる気満々でしたので、仮契約を解約したときはなんとも複雑な気持ちになったのを今でも覚えています。

また、営業の教育が素晴らしくて、しっかり勉強しているんだなと感じました。

 

せっかくの注文住宅ですので、悔いの無い選択をしたいですね!

 

本日は以上になります。

読んでいただきありがとうございました。

是非ぽちっとお願いします!

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 


注文住宅(施工主)ランキング

スポンサーリンク