家の壁を漆喰にした結果!5つのメリット教えます!

スポンサーリンク

 

どうもポカオです。

 

皆さん【漆喰】ってご存じですか?

漆喰とは、

漆喰(石灰、しっくい)とは、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とする建築材料[1]。住宅様式や気候風土などに合わせて世界各地で組成が異なっており独自の発展がみられる建築材料である[1]。

漆喰は、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分としており、もとは「石灰」と表記されていたものであり、漆喰の字は当て字が定着したものである。
                              ウィキペディアより引用

簡単に言うと、石灰に水を混ぜた自然素材の壁材ですね。

国によって微妙に混ぜるものが変わることがあるみたいですが、一般的には石灰と水の混合で出来るみたいです。

 

この記事では、新築の壁をほぼすべて漆喰にした筆者の視点からメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

漆喰の壁にしたいけどいまいち踏み出せない方の参考になり、マイホームに漆喰壁の予定はなかったけど採用してみようかなと思ってくれる方が増えれば嬉しいです。

 


f:id:poka-poka-house:20200123211502j:image


f:id:poka-poka-house:20200123211520j:image

我が家の漆喰壁です。

 

 

漆喰壁の良いところ(メリット)

  • 抗菌作用
  • 調湿効果
  • 自浄作用
  • 脱臭効果
  • メンテナンスの手軽さ

 

抗菌作用

漆喰は、強アルカリ性になります。

身近な物だと石鹸がそうですね。

強アルカリ性は抗菌作用があります。

このため、カビやダニなどを寄せ付けず、防いでくれます

 

調湿効果

漆喰自然素材です。

自然素材は呼吸していて、空気中に水分が多ければ吸湿し、逆に水分が多ければ、放湿します。

冬の乾燥期でも、梅雨時期でもいつでも快適に暮らす事が出来ます

 

自浄作用

漆喰の繋ぎ材に、水以外の人工材料を含まない100%無機質の漆喰は、静電気を帯びないので、壁の黒ずみの原因となる埃をひきつけません

さらに、自浄効果があるので、付いた汚れは漆喰が分解してくれ、時間と共に目立たなくなります

いつまでも白いままをキープできます

 

脱臭効果

たばこや、ペット、その他の生活臭などの独特の臭いを吸収、分解します。

 

メンテナンスの手軽さ

クロスだと汚れや傷が目立ちやすく、また、廃盤になっていたら壁全面を張り替えなければいけなくなるなど、修正が簡単にいかない場合があります

しかし、漆喰は石灰石の粉と水があれば簡単に作れて、補修程度の少ない面積なら誰でも出来ます。

 

漆喰の壁、本当にメリット多いですね。

しかし、実はメリットだけではありません。

デメリットもあります。

 

漆喰壁の悪いところ(デメリット)

  • ヒビが入る
  • 家全体の施工は難しい
  • 色が白しかない

 

ヒビが入る

塗り壁なのでヒビが入りやすいです。

しかし、ヒビが入っても簡単に修正できるのが漆喰の良いところです。

 

家全体の施工は難しい

DIYで壁の一部を漆喰にしたり、ヒビや穴を埋める作業は誰にでも出来ますが、家全体となると難しくなり、できる人が限られてきてしまうので、料金が高くなりがちです。

 

色が白しかない

色を出すために繋ぎ材に樹脂を使用することで、色をつけることが可能ですが、樹脂を混ぜることで、静電気を帯びてしまい、漆喰の良さが出ません。

100%自然素材の漆喰を使う場合は白限定になります。

 

おまけ

大共ホームでは、100%無機質のスペイン漆喰を使用しています。

 

スペイン漆喰の歴史は古く、ヨーロッパの歴史的建造物のほとんどに使用されています。

ダ・ヴィンチコードの壁画[最後の晩餐]の下地にもスペイン漆喰が使われています。

 

 

まとめ

僕は漆喰の壁にして大正解でした

 

冬のエアコン暖房でも乾燥することもなく、湿度を常に50%前後にキープできているのも漆喰の壁のおかげだと思っています。

 

なにより、白い壁はとても明るくて、空気も綺麗で過ごしやすいです。

100%自然素材で安心ですし、見ていて飽きが来ません。

非常に満足度が高いです

 

最後に

漆喰の壁いかがでしたか?

 

とても機能性があって、綺麗ですよね。

家全体とまではいかなくても、部屋の一部分でも採用してみてはいかがでしょうか?

おしゃれに決まるはずですよ。

 

本日も読んでいただきましてありがとうございました!!

ランキングに参加しています。

良かったら見ていってください。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

 


自然素材住宅ランキング

 

 

 

 

 

スポンサーリンク