暖かい家ってなんなの?

スポンサーリンク

 

こんにちはポカオです。

明けましておめでとうございます!

今年1年ブログ更新頑張りますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

 

いやー

寒い!寒い!本当に寒い!

地球温暖化で地球の平均気温は昔に比べてかなり上がってるみたいですが、それでも北国は寒いです。

最高気温もマイナスの今日この頃。

 

さて早速我が家の紹介をしようと思うのですが、、、

ポカオの家まだ引き渡されていません!!

そうなんです、正月休み明けなんですよ(笑)

くう~待ち遠しい(。・ω・。)

なのでとりあえず性能(スペック)からお伝えしていきます!

 

我が家でやりたかったこと

  • 冬に寒くない家
  • 夏に暑くない家
  • 開放感ある家
  • 値段が高くない家
  • 維持費が安い家

まあこんな感じです。わがままですね。

けどわがままでいいんですよ!せっかくのマイホーム購入なんですから!

とにかくこの5つをクリアできるようにしました。

簡単にいうと

冬も夏も部屋の温度が変わらず開放感あって電気代とかメンテナンスにお金かからない適正値段の家

が欲しかったわけです。

いやー夢みたいな話ですな。

そんなことが可能なのか、、、

まず調べたのは

どうしたら寒くならないのか

  1. 家の中の温度変化は窓から
  2. 家の隙間を減らす
  3. 壁の断熱の強化

大まかにはこの3つが大事らしい。

1つづつ見ていきましょう。

 

冬の室内の暖かい空気は窓から逃げていき、冷たい空気は窓から入ってくる。

夏の室内の冷たい空気は窓から逃げていき、暑い空気は窓から入ってくる。

 

要は室内の温度の大半は窓の性能で左右されるって事ですな。

最近では、窓のフレームが樹脂でガラス部分が二重、三重になっていたり、アルゴンガスやクリプトンガスが入っている窓がでているみたいです。

ちなみに実家はガラス1枚のアルミフレームでした。

そりゃ寒いわけですよ。

そんなこんなで我が家が採用した窓は、、、

ドイツ産の窓!!

f:id:poka-poka-house:20200107205328j:plain

左側です。

部屋の数が違いますね。

樹脂フレームのトリプルガラスでアルゴンガスが入っています。

こちらの窓なんと内開き、内倒しの2ウェイのドレーキップ窓なんです。

 

 

室内側に取っ手が来て室内側に開くようになる代物です。

開けてる時に頭をぶつけないようにしなければ。

 

さて窓のお話いかがだったでしょうか?

長くなってしまったので三部作くらいにします。(笑)

読みに来ていただきありがとうございました。

 

ぽちっとお願いします!

  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク